◇阿能川岳   B級    
 山 行 日   平成30年3月10日(土)~11日(日)
 リーダー 設楽政夫
 参 加 者 9名
 コ ー ス 3日 水上駅=仏岩ポケットパーク-ヨシガ沢山下約1000m-赤谷越-仏岩ポケットパーク(天幕泊)
4日 泊地=赤谷越-ヨシガ沢山-天子山-三ツ岩山-阿能川岳-往路を下山-赤谷越-
仏岩ポケットパーク=水上駅
 歩行時間 10日 4時間  11日 9時間 (休憩含む)
 コ メ ン ト 第一日 仏岩ポケットパークの東屋裏に天幕を張り、ザックを小さくしてから出かけた。赤谷越までは雪面に縦横の踏み跡あり、いつの間にかヨシガ沢山寄りの尾根上に出た。赤谷越を回って帰幕した。
第二日 体調不良で帰る2人を残し、夜明け前の5時半に行動開始。阿能川岳の頂上までは雲天だったので汗をあまり
かかずにすんだ。赤谷越から水平距離約4.5km、高度差600mの往復。頂上まで5時間、下り4時間、長かった。
でも、急な斜面、岩峰、氷混じりの下り、雪稜、雪庇ラインを読んで進む尾根、下りでは雪庇を越える踏みかえ点と楽しめた。
頂上までは雲の中だったが、降り始めて雲は切れ青空になり、皆で山座同定を楽しめた。今日はアイゼンのみでの行動に
支障となる踏み抜きが少なくて助かった。
コースの変化度合からBじゃない、Aです。
 投 稿 者  佐野久志 
 写真撮影者 佐野久志、牛山 誠
  
テント村出現 天子山の先、岩峰が出て来た
   
 
尾根上は雪が消えて登り難い所も  大きい雪庇の向こうに阿能川岳の頂上
   
 
阿能川岳の頂上で(ここまで4人に会う)  吾妻耶山に向かって降りる

おいらく山岳会