明神岳主稜~前穂高岳(個人) A級
山 行 日 2018.7.14~16(土~月) 
リーダー 鈴木武夫
参 加 者 2名
コ ー ス 1日目 松本駅=上高地―穂高・岳沢登山路7番標識―
    やせ尾根―明神岳5峰台地(泊)
2日目 台地発―5峰―4峰―3峰―2峰―主峰(明神岳)
    ―前穂高岳―紀美子平―岳沢小屋(泊)
3日目 小屋発―風穴―7番標識―上高地=新島々=松本駅
 
歩行時間 1日目 6時間 
2日目 12時間15分
3日目 2時間30分 (休憩時間含む)

コ メ ン ト

初日7番標識から主稜に取り付く。踏跡は明瞭だが樹林帯は
半端ない急登。やがて樹林帯からハイ松帯に変わり後ろを
振り向くと、梓川、河童橋、帝国ホテル等が小さく、美しく
見える。1000mを登り切ると5峰台地へ。先客がいたが、
ここでツェルトを張る。目の前には明日登る5峰から1峰
(明神岳)がダイナミックに連なる
2日目は5時過ぎに出発。ピッケルが特徴的な5峰、4峰を
経て3峰は岳沢側を巻きながら2峰に着く。ここまでは順調
なペース、登ってきた峰々を振り返る。30mロープを2本
連結し、2pで懸垂下降をする。1峰(主峰)には登り返す
が、ガレガレの落石ありで気が抜けない。山頂からの展望
は絶景、休憩していると東稜から登ってきた人達に出会う。
この先にも残置テープがあり、最初はクライムダウンで降りた
が危険を感じ、途中から懸垂下降に切り替える。奥明神沢のコルから前穂高岳を目指すが、ルートファインディングに手間取り
やっとのおもいで前穂高岳に着く。暑さもあり体力の消耗が
大きい。紀美子平から岳沢小屋まで降り、まずは冷ビール、
塩分補給の味噌汁が美味しかった。
3日目は天然クーラーの風穴で涼み、7番標識でちょうど1周
した事を確認し上高地まで下る。
河童橋で、登ってきた明神岳を見て感無量!今年最初の夏山、
無事に登って来ました。

投 稿 者 横幕千栄子  
写真撮影者 鈴木武夫