仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳  B級
山 行 日 2018年9月1日~3日(土~月) 
リーダー 北澤秀三
参 加 者 10名(男性6名、女性4名)
コ ー ス 1日目 甲府駅=広河原=北沢峠-大平山荘-大滝-
馬ノ背ヒュッテ泊
2日目 馬ノ背ヒュッテ-仙丈ケ岳-小仙丈ケ岳-五合目-長衛小屋
-仙水小屋泊
3日目 仙水小屋-仙水峠-駒津峰-甲斐駒ヶ岳-駒津峰-双児山
-北沢峠= 広河原=甲府駅      
 
 
歩行時間 1日目 3時間、 2日目 8時間、 3日目 8時間
コ メ ン ト

1日目は曇り空の中、計画コースと異なる藪沢新道を進み、後半渓流に沿ってヒ ュッテへ。
2日目は小雨の中ヒュッテを出発し、仙丈ケ岳の山頂は霧雨で視界ゼロ、その後雨 は降ったり止んだりでしたが、小仙丈ケ岳の山頂では曇り空となり視界が開けた。北沢 峠の「こぼれび荘」で遅い昼食と乾燥室で雨具を乾燥させ、仙水小屋へ向かった。
3日目も雨の中小屋を出発し、途中から曇り空に、そして甲斐駒ヶ岳の山頂に着くと晴れ間が出て、 雲上からの360°の眺望は圧巻でした。その後は曇り空で、少なくとも炎天下でなく助かった。小仙丈ケ岳へ向かう途中、皆でライチョウを探して感動し、仙水小屋の夕食がウワサ通り 美味しく、ビールとワインで乾杯・談笑。 日本酒と焼酎は客がケンカをするので置かないと 小屋の主人談。ちなみに私は下戸ですが・・・・。 雨の中の山行は滑らぬようにと神経を 使うだけでも疲れるのに、甲斐駒ヶ岳の白い花崗岩(御影石)の山頂に立った時の達成感は疲れを忘れさせてくれました。

投 稿 者 平山典男  
写真撮影者 平山典男