剱岳~立山     A級
山 行 日 2018年 8月19日(日)~21日(火)  2泊3日 
リーダー 藤田眞太郎
参 加 者 5名
コ ー ス 1日目 長野駅=扇沢=黒部ダム=室堂ー雷鳥平ー別山乗越ー剣山荘(泊)
2日目 剣山荘ー一服剱ー前剱ー剣岳ー剣山荘ー剱沢キャンプー剱御前小舎(泊)
3日目 御前小舎ー別山ー真砂岳ー富士の折立ー大汝山ー雄山ー 一ノ越ー室堂==富山駅
 
歩行時間 日目 3時間15分、 2日目 8時間40分、 3日目 5時間 (休息時間含む)
コ メ ン ト

8/19  黒部ダム経由で昼ごろ室堂ターミナルに到着。 玉殿湧水でのどを潤し、みくりが池、雷鳥沢キャンプ場へと下り、雷鳥坂の急登にかかる。さすがに昼過ぎの急登は暑く難儀しつつも別山乗越を超えて、剣山荘に着いたのは予定より1時間早かった。剣山荘はとても居心地の良い山小屋でした。清潔で水も豊富で、水洗トイレありシャワーありで、携帯の充電も自由だし、朝食にお弁当を頼んだ人に温かいお茶やスープが用意してあったり、 部屋の前の棚に荷物をデポできるし、ルート概要が書かれた「剣岳安全登山マップ」も用意してありました。
8/20  朝4時30分ヘッデンをつけて出発。一服剱を超えたあたりで見える前剱、剱岳の険峻な全貌に圧倒されつつも平日でもあり渋滞もなく、いよいよカニのタテバイ。ハーネスを付け緊張感マックスでとり付くも、鎖やボルトが整備されていて足場とホールドがしっかりあるので見た目ほど怖くありません。 そしてついに山頂、憧れの山だけに達成感ひとしお・・・・が、下からガスが上がり始め眺望はあまり望めず、また混んできたので早々に下山開始。カニのヨコバイと前剱の浮石の多い下りを慎重にこなし、剣山荘にこれまた予定より1時間早く着いた。
デポした荷物をまとめ剱沢キャンプ場を通って剱御前小舎に着いたのは午後1時過ぎ。 3時頃雨が振り始め、それから夜までグズグズ降ったり止んだり。
8/21  朝、星が出て天気はよさそうだが、午後が心配なので予
定より早く4時30分出発。別山で夜が明け、望む眺望は昨日とは対照的で、雄大そのもの。
後ろに剱岳がどっしりあり、前にこれから行く雄山までの立山が連なり、左に五竜から鹿島槍、針の木、赤沢岳、右に大日岳と眼下に室堂から地獄谷、雷鳥平が望まれる。富士の折立の上りに差掛るころ、雲行きが怪しくなり強風と伴に雨になる・・・が、半時で止み、大崩れには至らず。雄山で神社に参拝の時、ヘリの荷揚げ作業に遭遇し、一時社屋に閉じ込められる。一ノ越まで下山し、そこから室堂までは秋の高原で、夏休みのほほえましいファミリーや地元の元気な中学生の団体が行きかう。室堂着9時30分。この山行は天気に恵まれ事故もなく、皆さん 達成感もあり本当に充実した山行でした。

投 稿 者 三澤幸広  
写真撮影者 藤田眞太郎