・山行日 2019年9月14日(土)~16日(月)
・リーダー 横幕千栄子
・参加者 8 名
・コース 1日目 松本駅=新島々駅=上高地BT―徳本峠入口―徳本峠小屋(泊)
2日目 小屋―ジャンクションピーク―K1ピーク―K2ピーク―霞沢岳(往路戻る)
           ―徳本峠小屋(泊)
3日目  小屋―徳本峠入口―上高地BT=新島々駅=松本駅
・歩行時間 1日目 3時間  2日目 9時間25分  3日目 3時間 (各休憩含む)
・コメント 昨年、雨で登頂を諦め下山。今年は運良く3日間とも晴れ。徳本峠小屋に泊まるが、 周りには色とりどりのテントが張られ、去年より多い。
2日目、小屋近くの見晴台から穂高連峰、特に明神岳が大きく見え感慨深い。ジャンクションピークまでの1時間、朝イチの労働が始まる。 登り切ると、雲海の先に南アルプスの山々、遠くに富士山が見えて暫しの休息。湿地帯を抜けると一気に高度を下げる。 乗鞍岳、御嶽山も見え、時々吹く風も気持ちがいい。森林限界を終えると霞沢岳、K2、K1ピークが目の前に現れるが、K1直下の急登は厳しく、 浮石も多く要所にロープがある。つい下山の降りを心配しながら登るが、ここまでのアップダウンで足には堪える。 霞沢岳の山頂は狭いが360度の大パノラマ、期待通りの素晴らしい展望が広がり、頑張って登ってきた甲斐があった。慎重に往路を戻る。
3日目は上高地から松本駅へ出て、希望者で「瑞祥」に行く。16日は敬老の日で70歳以上の入浴料は無料、汗を流した後の生ビールは美味かった。 誰かが「もう二度と登らないだろうね」、小屋の人からも「来年は来ないですね」と言われたが、この辛さを忘れた頃にどうかなあ?  二百名山、侮れない山だった。
・投稿者 横幕千栄子
・写真撮影者 鈴木武夫