・山行日 2019年9月15日(日)
・リーダー 北澤秀三
・参加者 31 名 (体験山行4名を含む)
・コース 飯能駅=さわらびの湯バス停―有間ダム―白谷沢登山口―岩茸石―ゴンジリ峠―棒ノ嶺
―ゴンジリ峠―岩茸石―さわらびの湯=飯能駅
・歩行時間 5 時間
・コメント 登山口から、林間コースを進み、しだいに岩の多い急な道になり、沢へと入って行きました。沢の清らかな水と流れの音、 迫力あるゴルジュ、急な岩場など、変化に富んだコースを登ります。ここ2日ほど涼しい日が続いていたのですが、当日は暑かったので、 沢の涼しさがとても気持ち良く、大変楽しい沢登りができました。
沢を離れると、急な丸太の階段となり、どんどん高度を稼いでいきます。
標高差700m以上を登った棒ノ嶺山頂は、見晴らしがよく、西武球場などが見えました。空気が澄んでいる時はスカイツリーも見えるそうです。 下山は岩茸石から尾根筋の道を下りましたが、木の根が多い道が長々と続き、足の置き場が難しく、慎重に歩く必要がありました。 また、丸太の階段の段差が大きく、整備不良で土が流れている部分も多く、気疲れする道で、登りよりも長く感じました。
一方、きれいな花や変わったキノコが目を楽しませてくれました。
体験山行の方々からも、「楽しかった」という感想をいただきました。
ほぼ半数の方が飯能駅の行きつけの店での反省会に参加し、交流を深めました。
・投稿者 片桐 元
・写真撮影者 北澤秀三  永冨とし江  片桐 元