・山行日 令和元年10月5~6日 (土~日)
・リーダー 楯 恒雄
・参加者 10 名
・コース 1日目 甲斐大和駅=上日川峠―福ちゃん荘テント場テント設営(泊)
2日目 テント場―唐松尾根―大菩薩嶺―大菩薩峠―テント場
     ―上日川峠=甲斐大和駅
・歩行時間 1日目 0.5 時間  2日目 3.5 時間  (休憩含む)
・コメント 1日目 天気は晴れ、テント装備を担いで福ちゃん荘へ、テントとタープを張る。
その後、リーダーからテント設営に必要なロープワーク(固定結びと長さ調整の
できる結び方)を教わりました。
午後4時頃からビールで乾杯し、宴会と夕食が始まりました。
山の豊富なベテランの作った、凝ったステーキを皆で賞味させて頂きました。
若かりし頃の山話や歌を合唱し、宴会は午後7時過ぎまで続きました。
2日目 6時30分テン場を出発し唐松尾根を登りました。
朝のうちは晴れていたが、雷岩ではガスが立ち込めていました。
大菩薩嶺から、大菩薩峠を経て、テン場に9時50分に戻りました。
途中で雨の心配しましたが、降られずに済みました。やまとふれあいセンターの
温泉で入浴して、甲斐大和駅前で生ビールとシカ刺しで反省会を行いました。
時間と心にゆとりのある山行でした。
・投稿者 三苫昭雄
・写真撮影者 三苫昭雄