・山行日 2020年1月4日  (土)
・リーダー 鈴木武夫
・参加者 29 名
・コース 山神社-愛鷹山荘-富士見峠-黒岳-富士見峠-鋸岳展望台-富士見台-越前岳
-馬ノ背-十里木越前岳登山
・歩行時間 5時間 20分 (休憩含む)
・コメント 天気予報は晴れ。越前岳からは富士山の東南面を眺めることとなり、宝永山の爆裂火口を正面にして、北西・南東の軸がやや長いスラッとした雄大な富士山の山容が見える。
期待を胸に山神社入口から登山道に入る。樹林帯の中を登り、やや急坂の先に愛鷹山荘を左に見ながら進むと富士見峠に到着する。ザックをデポして黒岳に向かう。
いよいよ富士山と今年最初のご対面となるはずだった。 雲に覆われてしまった黒岳展望広場からの眺望を後にして、越前岳を目指す。途中、鋸岳展望台で昨年5月に登った鋸岳を眺めながら尾根道をたどる。富士見台では、昭和13年に発行された五十銭紙幣の図案にここからの富士山が採用されたという説明版の富士山を見ながら、ブナやヒメシャラなどの樹林の中を進み、越前岳に着く。 今年最初の新年山行では、雄大な富士山を展望することは出来なかったものの、下りは日本平をはじめとした駿河湾から南アルプス方面を見渡すことができ、新年に相応しいとても良い山行となりました。
・投稿者 牛山 誠
・写真撮影者 牛山 誠  集合写真をクリックすると拡大写真が見られます