・山行日 2020年2月9日(日)
・リーダー 北澤秀三
・参加者 22 名
・コース 沼津駅=香貫台入口バス停-徳倉山―志下坂峠―志下峠― 鷲頭山―大平山―多比口―多比峠―多比バス停=沼津駅
・歩行時間 5 時間
・コメント バス停を降りた登山口で事前ミーティングを行い、北澤リーダーから「沼津アルプスは低山ではあるが、累積標高差はかなりのもので、ロープのある岩場も多いので、なめないように。」というコメントがあった。 その言葉通り、急登、急下降の繰り返しで、本格的な登山の趣も感じつつ、徳倉山、志下山、小鷲頭山、鷲頭山、大平山へと縦走した。沼津アルプスには地元の方手作りのカラフルな道標が多数設置されており、そのご努力に感謝しながら歩いた。雲一つない晴天の暖かな陽気の中、富士山の雄姿、駿河湾の絶景、沼津の街並みをかわるがわる楽しみ、さらには、冠雪した南アルプスも遠くに眺めることができた。 多比の下山口近くに、みかんの無人スタンドがあり、一袋100円という格安で、山盛りのみかんがあっという間に無くなった。さらには、近くの畑で作業していた方から大根や水菜を分けていただいたメンバーもあり、主婦の顔をかいま見せた。 難路にもかかわらず順調な歩行で、予定より30分以上早く到着した。体験山行の2名からも「良く面倒を見ていただいた。楽しかった。」という感想をいただいた。
・投稿者 片桐 元
・写真撮影者 片桐 元  集合写真をクリックすると拡大写真が見られます