・山行日 令和2年2月11~12日 (祝~水)
・リーダー 佐野久志
・参加者 4 名
・コース 1日目 谷川岳ロープウェー駅~西黒尾根~鉄塔~1,028m~ 合山の家(泊)
2日目 天神平~天神尾根~熊穴沢避難小屋~天神平-ロープウェー駅
・歩行時間 1日目 4時間   2日目 6時間
・コメント 1日目 この1週間で積雪が増え、夏道よりも少し北側で鉄塔にまっすぐ登って行くトレースに導かれて西黒尾根に取付く。 途中でラッセルしてくれた短スキーを担いだ単独者とすれ違う。お礼を言って情報交換。鉄塔までは尾根で遮られて風も微弱。鉄塔から上は地吹雪でトレースは消えていた。1,140mのピークまでと思ったが、久しぶりにワカンでのラッセルを楽しんだので、標高1,028m付近で引き返す。土合山の家の宿泊者は我々4名のみだった。       
2日目 無風快晴。暑いし、避難小屋までだと思うとピッチ上がらず。頂上を目指す人達が次々と追い抜いて行く。中学生の捜索に群馬県警のヘリが頭上を行き交う。熊穴沢避難小屋は屋根が出ていた。あまりの小雪に驚く。尾根上に登って行く人たちの列が見える。早い人たちは肩の広場に着いたようだ。むずむずする気持ちを抑えるのは気持ちの良いものではない。 帰りの車内で中学生が無事だったことを知ったが、ココヘリを持っていればもっと早く発見できただろう。また、避難小屋手前の天幕他装備品を放棄した人はどうなったのだろうか。
・投稿者 佐野久志
・写真撮影者 佐野久志