会のあゆみ

沿 革

おいらく山岳会は、1958年(昭和33年)に創立され、2018年(平成30年)には創立60周年の節目を迎えた、山岳会の中でも歴史ある会です。 僅か4名の先輩が、高齢化社会を先取りしたかのような「おいらく」というユニークな会名のもと、 40歳以上の中高年を主体とする「生涯歩ける山の会」を標榜して発足しました。
数年後には、アクティブな活動を展開する「おいらく山岳会」に多くの方が関心を示し、マスメディアにもよく取り上げられて、会員数が大幅に増加しました。

近年は数ある首都圏の山岳会の中でも上位に位置する約700名の会員を擁し、初心者からベテランまで楽しめる多くの山行企画やイベントを開催し、魅力ある活動を展開しています。

会のあゆみを「おいらく山岳会小史」としてまとめました。