行ってきました 20.02.12 梅の木尾根~大山 B  

山行名梅の木尾根~大山 B 級
日 程2020年2月12日(水)
リーダー東 弥生
参加者20 名
コース伊勢原駅=日向薬師-二ノ沢の頭―大沢分岐
―不動尻分岐―大山―イタツミ尾根―蓑毛分岐
―蓑毛=秦野駅
歩行時間6 時間
コメントバス停を降りた登山口で事前ミーティングを行い、
東リーダーから「この山行のランクはCに近いBと
しているが、下見した感じではむしろAに近い
くらいハードなので、そのつもりで
臨んでほしい。」というコメントがあった。
山門から急な階段を上り、日向薬師本堂で本日の
登山の安全を祈願した。登山道に入ると、鉄砲を
持った猟師の方5人に相次いで出合った。聞くと、
「鹿の猟をしていて、多い日で3匹くらい、
ダメな日はゼロ。」だそうだ。
時折、猟犬と思われる犬の吠える声や銃声が
聞こえ、不気味な感じで、「登山道をはずれない
ように。特に、お花摘みなどの場合。」という
注意があった。
梅ノ木尾根は、踏み跡はしっかりしているが、
かなりの急登でやせ尾根もあり、なかなか
ハードであった。
風がかなり強く、日差しの有無や登りの勾配に
よって、ある時はさわやかに、ある時は冷たく
感じるので、頻繁な衣類調整が必要であった。
大山の山頂近くでは、雪も若干残っており、
泥沼状態で多くの方がスパッツを付けた。
下りは、表参道から分岐し、イタツミ尾根に
入った。踏み跡は薄いが、歩きやすいルートで、
すでにつぼみが咲き始めたミツマタを眺めながら、
快調に下った。登り、下りともバリエーション
ルートで、大山の奥深さを知る一日となった。
投稿者片桐 元
写真撮影者片桐 元

日向薬師で登山の安全を祈願

梅の木尾根の急登を登る

やせ尾根を慎重に進む

薄くなった道標の文字を書き直した

急登は手も使って安全に

大山山頂付近にて

雪も残りどろどろの道を歩く

ミツマタの咲きはじめたイタツミ尾根を下る

カテゴリー: 行ってきました パーマリンク