行ってきました 20.08.02 大滝沢本流(沢中級) B  

山行名大滝沢本流(鬼石沢)(沢中級) B級 
(個人山行)
日 程2020年8月2日(日)
リーダー山田義正
参加者9名
コース新松田駅=大滝橋-大滝沢林道-畦ヶ丸登山道-
一軒屋避難小屋(入渓点)-F2・10mスラブ滝-
F3・20mスラブ滝-畦ヶ丸登山道-大滝沢林道
-大滝橋=新松田駅
歩行時間7時間30分(休憩を含む)
コメント 7/18(土)に予定されていた山行が雨天中止
となったため、日程をあらためて個人山行とし
て実施した。梅雨明け早々で、ずっと雨が降っ
ていたため、水量がかなり多く、水流の勢いが
強かったが、一方、石に付着している苔は少な
かった。
 F2・10mスラブ滝ではロープを出して、水流
が速く、足がかりや手がかりの無い一枚岩をフ
リクションをきかせて直登した。また、F3・
20mスラブ滝の前半は直登し、後半はウォータ
ースライダー状の急流で直登ができないため、
少し右側に巻いた。リードがヌンチャクを付け、
後続者はヌンチャクの前後でエイト結びをつな
ぎ替えるという技術を使用した。滝でずぶ濡れ
になって、かなり寒かった。
 沢を詰めた後、登山道に出るまでの足場の悪
い急斜面を登る練習として、同じくエイト結び
のつなぎ替えで登った。さらに、懸垂下降の練
習を足場の悪い急斜面とF2・10mスラブ滝で行
った。
 今回は、沢中級に必要な技術を学ぶことに重
点を置いた。新たな技術を学ぶだけでなく、水
に濡れたロープは滑りにくく、ハンドリングが
難しいこと、足場の悪い場所では慣れているは
ずの動作でも手間取ること、確保者とクライマ
ーが互いに見えない場合の対応など、沢での実
地訓練ができたことは大変有意義であった。ひ
とつひとつの動作が確実にできるように、基礎
練習の積み重ねが重要だと痛感した。
投稿者片桐 元
写真撮影者綿貫政夫、片桐 元

F2・10mスラブ滝を直登

F3・20mスラブ滝を直登 (1)

F3・20mスラブ滝を直登 (2)

足場の悪い急斜面をリードする

F3・20mスラブ滝を懸垂下降

F2・10mスラブ滝の前で集合写真

カテゴリー: 行ってきました パーマリンク