行ってきました 20.08.15 武川岳 B  

山行名武川岳 B級 
日 程2020年8月15日(土)
リーダー綿貫政夫
参加者15名
コース飯能駅=名郷バス停-天狗岩―武川岳―
焼山―二子山ー芦ヶ久保駅
歩行時間7時間30分(休憩を含む)
コメント 7~8名ずつの2班に分け、距離をあけて進
んだ。登山道に入ると、いきなりの急登で、と
にかく暑い。
 天狗岩では男坂、女坂と2ルートあるが、男
坂を登った。100m程度の間、本格的な岩稜帯
を楽しむことができた。
 暑い、暑いと言いながら、給水のための小休
止をまめにとり、2時間40分ほどで武川岳に
着いた。
 昼食後、あとは下るだけと思ったら大間違い。
下ったと思ったら、また、急な登りという落胆
を何回となく繰り返し、肉体的のみならず精神
的なダメージを受けながら、多くの名もなき
ピークと焼山を経て、二子山雄岳・雌岳へと進
んだ。焼山からは、今日のコースで唯一の眺望
として、武甲山の雄姿を眺めることができた。
最大の難所は二子山からの下りで、ちょっと
緩くてつかみにくいロープが延々と張ってある。
我々自身でもロープを出して、練習しようとい
うことで、1班では、カラビナやビレイデバイ
スなどが無くてもロープのみを使用して懸垂下
降ができるという「肩がらみ懸垂下降」を習っ
た。ただし、首の後ろにロープを回すので、保
護しておかないとロープが擦れて痛い。2班で
は、武川岳から焼山の途中のガレ場の下りで、
立木にロープを回し、ゴボウでの下降の練習を
数回行った。 
 最後は、「沢なのに暑いね。」と言いながら、
延々と沢を下り、ようやく芦ヶ久保駅に到着し
た。まさに耐暑訓練のような1日であった。
皆さん本当におつかれさまでした。
投稿者片桐 元
写真撮影者片桐 元

給水休憩は頻繁に

天狗岩 本格的な岩稜帯

武川岳山頂にて

急下降を慎重に下る

焼山から望む武甲山の雄姿

肩がらみ懸垂下降の練習

カテゴリー: 行ってきました パーマリンク