行ってきました 2021.07.11-07.12 火打山~妙高山 B

山行名  火打山~妙高山 B

日 時  2021年7月11日(日)~12日(月)

リーダー 楯 恒雄

参加者   7名(男性3名、女性4名)

コース  

1日目 妙高高原駅=(タクシーで)笹ヶ峰(火打山登山口)-高谷池-火打山-高谷池ヒュッテ(宿泊)
2日目 高谷池ヒュッテ-黒沢池-妙高山-燕温泉(タクシーで)=妙高高原駅

歩行時間 1日目7時間43分、2日目9時間12分(休憩含む)

コメント

1ヶ月ぶりの山行、ちゃんと歩けるかしら…?との不安を胸に家を出た。新幹線車中でメンバーの皆様とご挨拶、以前ご一緒したことのある方ばかりで楽しい山行になる予感がした。

笹ヶ峰(火打山登山口)に着いたら奇跡的に晴れてきた!アツイアツイと言いながら、ぬかるんだ道をどんどん進んだ。高谷池ヒュッテに着く少し前から雷の音が聞こえてきた。火打山に行くのは今日しかない… ヒュッテに荷物を置いて少し雨宿りしていたら、雷が止んだので雨の中出発。歩いているうちに雨も止み、火打山が見えてきてテンションも上がった!山頂直下の急登では「もう無理…」と心の中で叫びながら、前方を歩いていたKさんから「もうすぐ山頂だよー」との励ましをいただき、どうにか登頂、百名山18座目♪

ヒュッテに戻り夕食、大盛のカレーライスを完食した。食事中、妙高方面から登ってきたというツアーと一緒になり、ガイドさんに道の状態を聞いたところ、一部崩落気味の箇所がありコースタイム以上はかかるかもしれないと言われ、翌朝の出発時間を4:30amに変更した。

翌日も小雨が降り微妙なお天気、道も泥濘地獄。雪渓歩きも楽しみ?つつ、「山頂まだぁ~?」を繰り返し、無事に妙高山登頂、百名山19座目♪ラッキーなことに山頂では晴れ!

ここから燕温泉までの下山が特に辛かった。前回の雲取山報告では「OMCに入会して1番キツイ山行だった」と書いたが、今回の方がキツかった。とにかく滑るので慎重に歩いていたはずが、自慢ではないが4~5回転び、やれやれ…「休憩お願いします…」を何度も繰り返し、どうにかこうにか無事に下山。諸先輩方は「疲れたねぇ」と言いながら、ほとんど転ぶこともなく、楽しく話しながら歩いていらっしゃった。毎度のことながら脱帽、です。

(肉体的には)キツイ山行だったが、笑、優しいメンバーの方に恵まれ、精神的に癒された、とても素敵な2日間だった。Tリーダー、Sサブリーダー、参加者の皆様、足を引っ張ってしまったかもしれませんが、ご一緒させていただきどうも有り難うございました!またよろしくお願いいたします。

投稿者 加藤 友美子

写真撮影者 楯 恒雄、加藤 友美子

火打山登山口にて
行ってきます!
池に映る火打山
火打山をバックに笑顔
シャクナゲ
お花畑と青空
火打山山頂にて
雪渓も難なく登ります
高谷池ヒュッテにて
妙高山山頂にて

「行ってきました」一覧表に戻る