2024. 6.08  姿三四郎の「峰の薬師」 D  

山行名   姿三四郎の「峰の薬師」

山行日   6月8日(土)

リーダー   柏木 哲彦

参加者   48名(男11名,  女37名)

コース   高尾山口駅 ー 峰の薬師表参道 ー 三沢峠 ー 峰の薬師・奥の院 ー 祈願坂 ー 通天橋 ー 薬師堂(決闘の場) ー 三沢峠 ー 高尾山口駅     

歩行時間  5時間(休憩含む)

コメント ちょっと暑い30分近くの20号線歩きも、みなで楽しく歩くと気にならなかった。国道を離れ『峰の薬師表参道』の大きな標識から参道へ。林道に入ると涼しくなり、しだいに山道らしくなり一時間あまりで三沢峠。あと一頑張りして、『奥の院』でランチ。 
  そこは『奥の院』ということばのイメージと違い、往時の影はなく、荒れ果てた鉄筋コンクリートの宿泊施設つきの大きな建物があった。急な階段を登ったガラスの向こうに見えたのは如来様だろうか。

  山道を5分ほど下り、願い事をしながら通る『祈願坂』、その願いが天に通じるといわれる『通天橋』を経て武相(ぶそう)四大薬師の一つ『峯の薬師』の『薬師堂』へ。『通天橋』からは津久井湖から湘南方面へと絶景が広がる。 
 薬師如来とは、病苦など現生の苦しみから人々を悟りに至らせる仏で、左手に薬壺を待ち、医薬の仏ともいわれる。  薬師堂の広場は、黒澤明監督のデビュー作『姿三四郎』の決闘の場面としても有名だ。時代は変わり、かつての賑わいを無くした静かな「薬師さん」。そこで食べたアイスクリームのおいしかったこと!  
 その後、おしゃべりもつきず往路を高尾山口駅へと戻った。晴天に恵まれ過ぎてちょっぴり暑かったが、木陰の中、難路もなく癒しの山行だった。

 リーダー、サブリーダーの方々に感謝します。   距離 10.8km、累積標高(+−)各491m 。

投 稿 者 杉田 邦江

写真撮影者  梅澤 秀夫

イザ出発
参道入り口
しっかりした案内板があります
通天橋から津久井湖方面を望む
姿三四郎決闘の場碑
集合写真
休憩風景
歩く速度は衰えません

「行ってきました」一覧表に戻る