至仏山(尾瀬)~平ヶ岳    A級
山 行 日 平成30年4月27日(金)~30日(月)
リーダー 設楽政夫
参 加 者 7名
コ ー ス 27日 鳩待峠11:00-至仏山△15:00-2045m附近17:00(泊)
28日 泊地8:30-岳ケ倉山△13:10-ススヶ峰15:00(泊)
29日 泊地6:25-JP7:05-白沢山-平ヶ岳10:04-平ヶ岳△10:10-白    沢山-ススケ峰14:45-南方1805m附近-猫又川左俣二股16:00-柳平  -山の鼻キャンプ場17:30(泊)
30日 山の鼻8:30-10:15鳩待峠=白沢高原温泉望郷の湯=沼田駅
歩行時間 27日6時間、28日6時間30分、29日11時間5分、
30日1時間45分(休憩含む)
コ メ ン ト 久し振りの天幕3泊の春山縦走で覚悟はしていたが、やっぱりザックは膨ら
み、男性は20㎏超え、女性は15㎏前後となっていた。
融雪が進んで至仏山の登りで夏道が出ていたし、下りではハイ松と石楠花を
主とした猛烈な藪漕ぎを2か所で強いられた、他に残雪と岩・ハイ松等の間
の空間に落ち込むこと数度だったが怪我も無く通過出来て良かった。至仏山
を降り切った付近からは残雪が締まり深く落ち込むことも無く助かった。
至仏山の下りは傾斜もあるので雪質によっては苦労するだろうと感る。
天候は27日に下り坂で夜半から風が出て、28日午前3時頃から断続的に
雨からあられとなった。それも5時頃をピークに徐々に回復し、以後は崩れ
も無く素晴らしい天候となった。
 幕場は至仏山を下ればいたる所にある。27日夜の幕場はすぐ下から藪漕
きに入るが時間も遅かったため選んだ場所で、天候が崩れたため一番上に
張った女性達は寝られなかったようだ。ススケ峰の幕場は西側に樹林帯が
あり、景色も良く申し分のない位置に張れた。
 大白沢山から景鶴山方面に続く稜線は残雪が極端に少なく、ススヶ峰で計
画の変更を決めた。山スキーヤー達が登降する猫又川二俣に降りる尾根を辿
り尾瀬ヶ原に立った。スノーブリッジはあと1週間もすれば全て落ち私たち
が歩いたコースも湿地となって歩けないだろうと思いつつ山の鼻へと
辿った。
私はこれで平ヶ岳に無雪期・積雪期に立つことができた。JPから景鶴山・
笹山、そして尾瀬ヶ原へと続く県境を歩くことはできなかったがそれは宿題
とし、誘ってくれたリーダー、そしてメンバーと共に雪の平ヶ岳に立てたこ
とに感謝したい。
投 稿 者  佐野久志
写真撮影者 佐野久志、牛山 誠、設楽政夫